スケジュール管理でよく聞くWBSとは?ガントチャートとの違いも解説

 2021.04.08  ワークマネジメント オンライン

スケジュール管理に有用として知られる「WBS」ですが、一体どのようなもので、どのようなメリットがあるのかを詳細に理解している方は多くないでしょう。本記事ではWBSの特徴について、「ガントチャート」と比較しながら紹介します。WBSについて詳しく知りたい方は、ぜひ参考にしてください。

スケジュール管理でよく聞くWBSとは?ガントチャートとの違いも解説

WBSの意味

「WBS」とは「Work Breakdown Structure」を略した言葉で、日本語では「作業分解構成」を意味します。その名の通り作業を分解し、構造化する手法のことです。特に、システム開発などの現場において活用されています。

企業が1つのプロジェクトを達成するには、さまざまな作業が必要です。WBSでは、作業の漏れが生じないよう、あらかじめ必要な作業やタスクをすべて洗い出しておきます。すべて洗い出すことで、タスク同士の関係性や作業にかかる時間、担当者なども前持って決めておけるため、プロジェクトをスムーズに進められます。

このように、WBSはプロジェクトを管理するための基盤となるものです。WBSをしっかりと理解することで、業務全体のスケジュール作成にも役立ちます。

WBSをスケジュール管理に使うメリット

WBSに則ってスケジュール管理を行うことで、作業がしやすくなり、プロジェクトをスムーズに進められます。ここでは、さらに詳しくWBSのメリットを見ていきましょう。

やるべき作業が明確になる

WBS で事前に作業を書き出しておけば、プロジェクト達成のために必要な作業が明確化されます。作業が明確になれば、作業の抜け・漏れの発生を防止でき、業務の正確性も上がります。

また、それぞれの作業に担当者を割り振っておくことで、従業員が責任を持って仕事に取り組めます。「誰が何の作業を行っているのか」について従業員同士で共有できるほか、管理者側にとっても進捗や従業員の業務スピードなどを把握しやすいでしょう。

タスク同士の関係性がわかる

すべての作業を洗い出すことで、タスク同士の関係性が明らかになります。例えば「Bのタスクは、Aのタスクが終わらないと行えない」など、タスクの重要度が明らかになれば、優先して行うべき業務が把握できます。このように、取りかかるべき業務の判断材料となるのも、WBSのメリットの1つです。

また「CとDは似たような作業だから並行して進められる」など、業務をより効率的に進めるうえでも役立ちます。タスクの関係性をツリーでまとめたり、スケジュールに落とし込んだりして活用すれば、より効率的なプロジェクト管理が可能となるでしょう。

適切な全体工数を見積もりやすくなる

WBSは、プロジェクトにかかる時間や金額などを見積もる際に役立ちます。プロジェクトが大きくなればなるほど、そのプロジェクトを完了するためにどれくらい時間とお金がかかるのか、すぐに判断することが難しくなります。

しかし、WBSで個々の作業に分割しておけば、それぞれの見積もりをとり、最終的に合算することで、全体の見積もりを出すことが可能です。この方法で見積もりを出したほうが、精度も高まるでしょう。

特に業務を受託する際、クライアントに見積もりを提示しなければならない場合は、丁寧に作業工程を洗い出してから見積もりを取ったほうが、信頼の獲得につながります。

WBSとガントチャートの違い

スケジュール管理を行うための手法として、「ガントチャート」という言葉を聞いたことがある方も多いでしょう。WBSもガントチャートも、スケジュール管理に使用される手法の1つです。では、WBSとガントチャートとでは何が違うのでしょうか?

WBSは先述したように、作業を分解して構造化するものです。一方ガントチャートは、縦軸にタスク、横軸に時間を書き、棒グラフでタスクとスケジュールがわかるようにしたものをいいます。ガントチャートは時間軸でタスクを確認可能。そのため、パッと見てすぐにプロジェクトの全体像を把握できる点が、大きな特徴です。

またWBSは、ガントチャートを作成するための前作業という関係性もあります。WBSによって整理したタスクを、グラフ化したものがガンチャートなのです。

WBSを作成するには

最後に、WBSの作り方について簡単にご説明します。WBSは基本、以下の手順に沿って作成します。

  1. 作業内容の洗い出し
    まずは、プロジェクト開始~終了までに発生する作業を洗い出します。大きなタスクから小さなタスクへと落とし込みを行い、漏れのないように書き出しましょう。
  2. 順序決め
    それぞれの作業の関係性を基に、作業を行う順序を決定します。
  3. 構造化
    各作業をツリー上に当てはめ、構造化させます。構造化することによって、作業の漏れを防止できます。
  4. 担当者決め
    作業を構造化したあとは、各タスクの担当者を決定しておきましょう。責任感を持って取り組めるよう、1つのタスクにつき、1人の担当者をあてがうのがおすすめです。
紙やExcelに書き出してWBSを作成することも可能ですが、この方法では時間も手間もかかります。近年ではWBS作成に役立つツールも数多く登場していますので、作成の手間を惜しむのであれば、それらの活用を検討してみるとよいでしょう。

まとめ

WBSとは、漏れのないようプロジェクトを進めるために、タスクをすべて書き出していくスケジュール管理手法をいいます。あらかじめ作業を分解し、担当者や開始日を決めておくことで、スムーズに業務を進められます。

WBSを作成する際は、作成に役立つ機能を持ったツールを活用しましょう。そこでおすすめなのが「Asana」です。Asanaは、各タスクからプロジェクトの全体像までを把握できるツールです。タスク作成はもちろん、スケジュールやガントチャート(タイムライン)にも落とし込めます。人数制限はあるものの無料で始められるので、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。
https://asana.com/ja


RECENT POST「プロジェクト管理」の最新記事


スケジュール管理でよく聞くWBSとは?ガントチャートとの違いも解説

RANKING人気資料ランキング

RECENT POST 最新記事

RANKING人気記事ランキング