チームでの仕事に役立つ「Asana Goals」とは?メリットやできることなどを解説

 2020.10.01  ワークマネジメント オンライン

大半の仕事は、個人だけでは成り立たず、社内外含め関係者とうまく連動することで成果につながります。効率良く連携し、チームとして成果に結び付けるには、まずはチームの目標を可視化・共有し、それぞれの業務やタスクを位置づけることが重要です。本記事では、チームの目標に向けた進捗を助けてくれるAsana Goalsについてご紹介します。

チームでの仕事に役立つ「Asana Goals」とは?メリットやできることなどを解説

Asana Goalsとは

Asana Goalsとは、チームが目標を達成するプロセス支援ツールです。目標追跡システムがあり、目標に向けた進捗を定量的に可視化します。個人単位ではなく、チーム全体の状況が可視化できるため、戦略的な目標設定やその達成が可能です。テレワークを導入する会社も増えているなか、チームで成果を残す際に生じるさまざまな課題解決に役立つツールともいえます。

Asana Goalsを確認できるビデオをご用意しました。2分少々ですのでこの機械にご確認ください。

goal-management

Asana Goalsを利用するメリット

Asana Goalsを利用するメリットについて具体的にご紹介します。まずは、仕事を効率的に進める助けになります。日々さまざまな業務に忙殺されがちですが、そのなかでタスクの優先順位を明確にすることが大事です。Asana Goalsを活用すれば、目標に対して優先すべき仕事が可視化されるため、結果として効率もアップします。

チームで仕事をするうえではさまざまなプロセスやタスクがあります。最近はそれら全ての透明性を高める重要性が増しています。Asana Goalsでは、タスク全体やその担当者、進捗が可視化され、メンバー間でフォローもしやすくなります。

Transformトランスフォーム
Onboardオンボード

大きな組織になるほど、現場ひとりひとりに組織の目標が浸透しづらくなりますが、Asana Goalsでは目標を起点としたタスクの位置づけが分かりやすくなっており、目標に対する意識が高くなるように設計されています。これはメンバーへの目標共有にも役に立ちます。

全てのメンバーが目標から逆算して考えられるようになれば、自ずとパフォーマンスも向上します。目標の達成を基準にした意思決定がされ、集中すべきタスクにフォーカスできます。

このように、自身の仕事と目標の関係性や、優先順位が明確になっていれば、各メンバーのモチベーションアップも可能です。これがパフォーマンスの向上にもつながり、好循環を生み出します。

Asana Goalsを利用してできること

Asana Goalsを通じてできることを具体的にご紹介します。

目標の作成・編集

まず、チームの目標をAsana Goals上に作成します。作成した目標はツール上で可視化できます。時代の変化が速く目標が変わることもありますが、適宜編集や更新、削除が可能です。
また、その目標に責任を持つオーナーや達成する期限、内容説明といった項目を追加したり編集したりすることができます。

会社レベル・チームレベルでの目標の絞り込み

一定以上の規模になると同じ会社のなかでもさまざまなチームが存在します。Asana Goalsでは会社単位だけでなくチームレベルでの目標の絞り込みが可能です。もちろん会社単位での設定もできるので、そこからブレイクダウンする形でチームレベルの目標も設定できます。他のチームの情報も取得できるため、社内におけるチーム間のシナジーを生み出すことにも寄与するでしょう。

進捗の管理

目標への進捗を管理することもできます。目標到達に向けて達成すべき中間指標なども設定することで、そのプロセスや到達度をより細かく可視化・管理できます。タスクの進捗更新なども適宜行うことが可能です。しっかりと運用がなされていればリアルタイムで進捗を把握し、必要に応じていつでも軌道修正を図ることができます。

Asana Goalsを使用するには

最後に、Asana Goalsを利用するための手順を説明します。

「Business」か「Enterprise」のプランを契約しasanaを利用開始する

まずは、Asanaサービスとの契約が必要です。求める機能によっていくつかのプランがありますが、本記事でご紹介しているAsana Goalsの利用には、Business以上のプランでの利用が必要です。確認してから契約したい方は、まずは無料お試しサービスをご利用ください。

Asanaで「Goals」を選択

Asanaとの契約が完了したら、アカウントにログインして、サイドバーの「Goals」を選択してください。するとAsana Goalsが立ち上がります。リストビューから、目標の作成や絞り込みなどが行えるため、さっそく目標設定をしてスタートしましょう。

まとめ

新型コロナウィルスの影響で、テレワークや在宅勤務を導入する企業も増えています。従来よりもメンバーが会社に「所属」している感覚が薄れてしまう恐れがあるため、目標に向けて各メンバーが自発的にアクションを起こしていくことが大事です。

チームとしての目標を可視化し、そこに至るプロセスや進捗をチーム全体として可視化することで、メンバーそれぞれのモチベーション向上にもつながります。

本記事でご紹介したAsana Goalsは、これらを推進するツールです。会社やチームの生産性向上につながるツールを探している担当者は、ぜひ無料のお試しから始めてみましょう。

Asana Way of Change

RECENT POST「働き方改革」の最新記事


チームでの仕事に役立つ「Asana Goals」とは?メリットやできることなどを解説
Asanaのフリートライアルで書籍をプレゼント!
定期開催:Asana 基礎講座

RANKING人気資料ランキング

RECENT POST 最新記事

ブログ無料購読のご案内

RANKING人気記事ランキング