デジタルトランスフォーメーションとは?その技術例・メリット・課題も解説

 2021.03.08  ワークマネジメント オンライン

「デジタルトランスフォーメーション」は、近年さまざまな業界で注目を集めている概念です。変化の激しい現代で企業が市場競争力を高めるため、デジタルトランスフォーメーションの実現は欠かせません。本記事ではデジタルトランスフォーメーションの概要を解説するとともに、技術例や抱えている課題などについて見ていきます。

デジタルトランスフォーメーションとは?その技術例・メリット・課題も解説

デジタルトランスフォーメーションとは

デジタルトランスフォーメーションとは、最先端の情報通信技術を活用することで、企業経営やビジネスモデルそのものに変革をもたらすことです。20世紀後半に起きたIT革命によって情報の流通性が大きく向上し、さまざまな産業が飛躍的に発展しました。

しかし、ITの発展によって人々の暮らしが豊かになる一方で、市場の競争は激化の一途を辿っています。激化する市場競争において企業が優位性を確立するためには、最先端テクノロジーの活用が不可欠と言えるでしょう。そこで求められているのがデジタルトランスフォーメーションです。

また、この言葉にはより広く包括的な意味を含んで使われることもあります。つまりIT・デジタル技術というカテゴリーを超え、「人々の生き方、暮らし方にも変革を及ぼしうるもの」という意味合いまで、ときには持っています。

現在、国が国際的な市場競争力の低下が懸念されており、その改善のために経済産業省がデジタルトランスフォーメーションに関する取り組みを始めています。背景にあるのは人口減少や少子高齢化といった日本が抱える社会問題です。これによって労働力が低下し、社会システムも老朽化していきます。

しかし社会を行き交う情報だけをデジタル化して収集したところで、爆発的に増加するそうしたデータを活用できないなら意味はありません。むしろ処理しきれないデータ量に押しつぶされるように、創造的な事業やイノベーションの誕生に陰りが生じる恐れもあるでしょう。経済産業省が2018年に発表したレポートによると、デジタルトランスフォーメーションが実現できなかった場合、日本の経済的損失は年間約12兆円にも上ると、試算されています。このような背景から、デジタルトランスフォーメーションの実現が急務となっています。

デジタルトランスフォーメーションの技術例

デジタルトランスフォーメーションは、2004年にスウェーデンのウメオ大学教授エリック・ストルターマンによって提唱されました。抽象的な概念のため確たる定義はされていませんが、「最先端テクノロジーを事業活動に活用し、これまで成し得なかった新たな価値創造に取り組むこと」を示します。

そのカギとなるのが「IoT」「クラウド」「AI」「5G」の4つの要素です。ここからはデジタルトランスフォーメーションを実現するために不可欠な、これら4つについて、具体的に説明します。

IoT

IoTとは「Internet of Things」の略称で「モノのインターネット」と訳されます。PC、スマートフォンやテレビ、カメラといった電子機器だけでなく、車、工作機械などの駆動装置を含む「モノ」と「インターネット」をネットワーク接続する技術です。

例えば、工場の生産設備とインターネットをつなぐことで、さまざまなデータを収集・分析してあらゆる業務プロセスの最適化を実現します。IoTセンサーによって生産状況や作業進捗、機器の稼働状況などが可視化され、定量的な分析に基づいた業務管理が可能になるでしょう。こうした最先端テクノロジーを導入した工場はスマートファクトリーと呼ばれ、第4次産業革命を具現化するために不可欠な要素として注目を集めています。

クラウド

クラウド(クラウド・コンピューティング)とは、ベンダーが提供するITインフラやITプラットフォームをネットワーク経由で利用するためのサービスです。例えば、さまざまなファイルを保存するクラウドストレージや、企業の基幹情報を管理するクラウドERPなどが挙げられます。

デジタルトランスフォーメーションを実現するためには、こうしたクラウドサービスの活用が不可欠です。仮に自社サーバーとして運用・保守するオンプレミス型のシステムを採用した場合、導入や拡張、増設に莫大な費用を要します。一方、クラウド型であればサーバー機器やネットワーク機器の増設なしで、システムの拡大が可能です。またサーバー機器や管理施設が不要なため、運用・管理面での費用コストや設置場所に関わるコストなどを大幅に削減できるのです。

AI

AIとは「Artificial Intelligence」の頭文字を取った略称で、いわゆる人工知能と呼ばれる技術を指します。ほかのITシステムとの決定的な違いは「自己学習能力」の有無です。AIはシステムそのものが自己学習機能をもち、自律的な判断を行います。デジタルトランスフォーメーションの実現において、AIは最も重要な要素のひとつです。

AIは自律的かつ能動的に最適解を導き出すことが可能であり、特定の分野における精度は人間よりはるかに速く正確です。特にディープラーニング(深層学習)が大きな特徴で、画像や音声認識などに関連する技術に応用されています。このディープラーニングの成果を受けつつ、今後ますます多くの業務へAIが導入されていくと見られています。

5G

5Gとは「5th Generation」の略称で、第5世代移動通信システムと呼ばれる通信規格です。5Gが普及することで、従来では考えられないほどの大容量高速通信が実現します。通信遅延が最小限になり、より多くの通信機器をネットワークへ同時に接続できるようになります。

最先端テクノロジーの性能を最大限に活用するためには、高速かつ大容量通信が可能な高周波数帯の導入が欠かせません。5Gの普及とともに高速通信を利用した新たなビジネスモデルの誕生が期待されています。

デジタルトランスフォーメーションがもたらすメリット

市場競争の激化や国内の労働力低下もあいまって、経済産業省はデジタルトランスフォーメーションの実現が急務であると警鐘を鳴らしています。しかし、それは裏を返せば実現によって相応のメリットが得られる証とも言えるでしょう。ここからはデジタルトランスフォーメーションを実現することで得られるメリットについて解説します。

生産性の向上

IoTやAIといった情報通信技術を取り入れることで、さまざまな業務の効率化と自動化につながります。例えばIoTを活用することで、生産設備の故障や不良品を自動的に検知するといった、従来は目視でしか対応できなかった問題を事前に、かつ高い精度で察知可能です。また、IoTがあらゆる業務データを情報化することで既存リソースの再定義が可能となり、定量的な分析に基づいた企業戦略の構築にもつながるでしょう。

新しいビジネスの開発

AIやIoTの導入はイノベーションの実現に貢献します。例えばIoTによって収集されたビッグデータをAIが解析することで、顧客の潜在的ニーズの可視化や正確な需要予測が可能です。膨大な情報群から有益な情報を抽出する手法をデータマイニングといいますが、このようなビッグデータの運用はAIの最も得意とする分野です。膨大な情報を的確かつ迅速に処理し、人間よりもはるかに高い精度で顧客ニーズやサービス改善のヒントを示してくれるでしょう。AIやIoTの活用によって顧客の潜在的ニーズを汲み取った新しいビジネスモデルの開発が可能になります。

環境・市場の変化への対応

IT革命により情報の流通性が高まり、さまざまな市場が発展を遂げ、モノが溢れる時代になりました。製品のライフサイクルは短縮化し、人々のニーズも多様化かつ高度化する様相を見せています。このような時代背景のなかで市場優位性を確保するためには、フレキシブルに対応可能な事業戦略が不可欠です。

デジタルトランスフォーメーションを実現することで、膨大な情報を精査して正確な市場予測も可能になります。それにより、市場の変化と動向にあわせた柔軟な事業戦略の構築へつながるのです。

また、優れた柔軟性を発揮できるという特性は、不測の事態や非常事態になった場合の事業継続対策にも有用と言えるでしょう。

デジタルトランスフォーメーションに関する課題

多くの企業にとって、デジタルトランスフォーメーション実現には大きな課題が2つあります。それは「人材の不足」と「既存システムの壁」です。ここではデジタルトランスフォーメーションの実現を阻む2つの課題について解説します。

人材の不足

人口の減少と少子高齢化もあいまって、あらゆる業界で人材不足という課題が顕在化しています。特にシステムエンジニアやプログラマーなど、IT系の人材不足は社会問題と言えるほど深刻です。

経済産業省とみずほ情報総研株式会社の調査によると、IT系に人材不足数は2030年には約79万人に達するであろうと試算されています。

デジタルトランスフォーメーションの実現には最先端テクノロジーの活用が不可欠です。そして、AIやIoTといったテクノロジーの運用効率を最大化するめには、ITに造詣が深いエンジニアが欠かせません。したがって、優れたIT人材を育成するための社内制度構築が急務と言えるでしょう。

引用元:https://www.meti.go.jp/policy/it_policy/jinzai/houkokusyo.pdf

既存システムの壁

レガシーシステムからの脱却は、今日多くの企業が目指している目標です。最先端のデジタル技術を活用するためには、運用基盤となるシステムにも相応の性能が求められます。例えば製造業を営む企業であれば、生産設備の大規模な再構築が必要です。情報通信技術の重要性を理解しながらも、資金力のない中小企業では導入コストの壁に阻まれるケースが少なくありません。

既存システムの刷新コストに対するリターンも不確実性が高く不透明です。また、システム刷新時に発生するダウンタイムも大きな課題と言えます。オンプレミス環境を脱却し、ITインフラをクラウド環境へと移行するといった大胆な方針転換が必要です。経営層には、これらに伴い大胆なコミットメントが求められるでしょう。

まとめ

IT技術に発展によってあらゆる産業が成長を遂げ、人々の暮らしに豊かさをもたらしました。しかし一方で市場の競争性が激化し、企業が勝ち残るためには従来とは一線を画する事業戦略が求められています。

そのカギを握るのがデジタルトランスフォーメーションです。そしてデジタルトランスフォーメーションを実現するためには、優れたITソリューションの活用が欠かせません。そこでおすすめしたいのがワークマネージメントツールの「Asana(アサナ)」です。

Asanaはさまざまなワークフローを最適化する機能を備えています。例えば、セキュアなファイル共有機能や、プロセス管理を可視化するタスク管理機能など、生産性の最大化に寄与するシステムを有しています。デジタルトランスフォーメーションを実現するためにもAsanaの導入を検討してみてはいかがでしょうか。Asanaについて詳しい情報を知りたい方は下記URLをご覧ください。

CTA

RECENT POST「働き方改革」の最新記事


働き方改革

プロジェクト管理でチャットツールを利用するメリット・デメリットとは

働き方改革

働き方改革におけるデメリットとは?メリットも解説

働き方改革

デジタルシフトとは?DXとの違いも解説

働き方改革

デジタル経営改革とは?その具体的な意味やメリット

デジタルトランスフォーメーションとは?その技術例・メリット・課題も解説

RANKING人気資料ランキング

RECENT POST 最新記事

RANKING人気記事ランキング