テック長沢、M&Aを含めた急成長で生じた
組織のムダを「Asana」で解消

日本の”ものづくり”が求めるコミュニケーション環境をワークマネジメントで実現

テック長沢、M&Aを含めた急成長で生じた組織のムダを「Asana」で解消

自動車や産業用機械の部品加工といった事業を展開するテック長沢。M&A(企業の統合と買収)を含め事業規模の拡大に積極的に取り組んでいる。

納入先と“優良なパートナー”としての関係性を確立することが、ますます重要になっているためだ。一方で、社内のコミュニケーション量は以前の2.5倍に拡大。情報が点在化し始め業務の流れや調整が複雑になってきた。課題を解決し全体最適の実現に向けて同社が選択したのがSaaS型のワークマネジメントプラットフォーム「Asana(アサナ)」である。

テック長沢はAsanaを製造業のビジネスに、どう活用しているのだろうか。

フォームにご記入のうえ、資料をご確認ください。

資料ダウンロード