プロジェクト管理に必要な管理項目とは? 成功に導くためのポイントも紹介

 2022.09.29  2022.10.05

プロジェクト管理」と一口に言っても、実際に管理すべき項目は多岐に渡ります。したがって、プロジェクト管理を適切に行うためには、どのような管理項目が存在するのか、あらかじめ把握しておくことが大切です。そこで本記事では、プロジェクト管理に必要な管理項目を紹介するとともに、マネジメントを成功させるためのポイントを解説します。

プロジェクト管理に必要な管理項目とは? 成功に導くためのポイントも紹介

プロジェクト管理の項目を理解するメリット

プロジェクト管理を適切に行うためには、どのような管理項目があるのかを事前に正確に把握しておくことが重要です。各管理項目の内容を正確に把握しておけば、プロジェクト管理においては具体的に何をすべきなのかを系統的に理解し、管理の漏れなどを防ぎやすくなります。その結果、プロジェクト管理の質の向上や効率化を実現できれば、プロジェクトそのものの成功確率も高められるでしょう。

プロジェクト管理ツール導入前にチェックしたい必須6項目
プロジェクト管理ツール5つの導入ステップと成功のポイント

プロジェクト管理に必要な管理項目

続いては、プロジェクト管理においてはどのようなことを管理する必要があるのかについて、各項目の内容を解説します。

スコープ管理

プロジェクトの開始時には、スコープ管理を行います。スコープ管理においては、プロジェクトの目標を最初に設定し、次いでその達成のために必要な作業内容や成果物などの作業計画を作成していきます。このスコープ管理を適切に行うことで、プロジェクトで必要とされるタスク内容を明確化し、プロジェクト終了後の検証も効率的に行えるようになるでしょう。

コスト管理

プロジェクトを予算内に収めるためのコスト管理も、プロジェクトマネージャーの重要な仕事です。コスト管理においては第一に、プロジェクトに必要と考えられるコストの見積もり計算を行い、その算出額を予算として会社に求めなくてはなりません。この見積もりはあくまで概算にすぎないため、不測の出費などに備えて予備費も確保した方がいいでしょう。コスト管理を適切に行うことは、予算内に支出を抑えるだけでなく、利益を出すためにも重要です。

スケジュール管理

スケジュール通りに仕事を進めることは、プロジェクトチームが期限までに目標を達成するために必要なことです。プロジェクトマネージャーはプロジェクト全体や個々のタスクに設定されたスケジュールを説明し、各メンバーのタスク状況が計画通りに進行しているかを管理しなければなりません。

品質管理

品質管理とは、成果物に対してクライアントが望んでいる要件や仕様、品質基準などを明確化し、それらを実現できるように計画を立てて実現していく取り組みです。成果物の品質を実際に確認する際には、チェックリストなどを活用するのがおすすめです。

コミュニケーション管理

プロジェクト全体を通して、緊密かつ効率的なコミュニケーションを保つことは、チームメンバーや関係者がタスクの進捗状況など必要な情報を共有するために非常に重要です。コミュニケーション管理においては、各種の連絡を誰にどのような手段でいつ行うかなどを設定し、実際にそのように実行できているかを監視する必要があります。

リスク管理

プロジェクトマネージャーは仕事の遅延といった問題を引き起こす潜在的な危険を洗い出し、予防策を練らなければなりません。リスク管理においては、想定されるリスクやその原因の特定・分析を行い、リスクを予防できる行動計画の作成および実施が必要です。

ステークホルダー管理

ステークホルダーとは簡単に言うと、プロジェクトの利害関係者のことです。どのようなプロジェクトにも、プロジェクトに影響を与えるステークホルダーが存在します。ステークホルダー管理においては、プロジェクトの関係者の名前はもちろん、その影響度や関心などをあらかじめ洗い出し、適切なタイミングでコミュニケーションを取っていくことが重要です。各ステークホルダーと適切な関係を構築することは、プロジェクトのスムーズな進行に直結します。

プロジェクト管理成功のポイントを流れに沿って解説

続いては、プロジェクト管理を成功させるためのポイントを、実際のマネジメントの流れに沿って解説します。

1. プロジェクトの立ち上げ

プロジェクトの立ち上げ時には、当該プロジェクトが何を目標にしているのか明確にし、チーム全体で認識の共有を行うことが重要です。逆に、目標が明確化されていないと、各メンバーがそれぞれの判断や価値観で動いてしまいがちになるので、意見のすり合わせなども行いにくくなってしまいます。

2. 計画の立案

目標を明確化したら、プロジェクト全体の概要が記載されたプロジェクト管理計画書を作成していきます。この計画書の中には、上記で紹介した各管理項目に応じた計画が記載されるのが通例です。たとえば、スコープ管理、コスト管理、スケジュール管理、品質管理、リスク管理などはプロジェクト管理計画書に必要となる代表的な項目です。

3. 進捗管理

プロジェクト管理計画書が確定したら、いよいよプロジェクトが実際に動き始めます。プロジェクトマネージャーは、各管理項目に応じて、プロジェクトが計画通りに進行しているかを監視しなければなりません。たとえば、各メンバーはそれぞれのタスクをスケジュール通りに進められているか、コストは想定通りの範囲に収まっているかなどです。もしそこで問題が見受けられたら、その都度プロジェクトマネージャーが必要な措置を講じなければなりません。問題が深刻な場合などは、プロジェクト管理計画書を修正しなければならないこともあるでしょう。

4. 振り返り・改善策の立案

成果物をクライアントに納品しても、それですぐにプロジェクト管理が終了するわけではありません。そのプロジェクトで培われた経験や反省を次に活かしていくためには、発生したトラブルの内容や原因、このプロジェクトで良かったところ・悪かったところなどを多角的に検討し、その改善策とともに記録を残すことが重要です。

プロジェクト管理で必要となる「PMBOK」とは

プロジェクト管理を行う際には、「PMBOK」を活用すると効果的です。PMBOKとは「Project Management Body of Knowledge」の略で、プロジェクト管理業界における標準的なプロセスやベストプラクティスなどをまとめたガイドラインのようなものです。本記事でも紹介したように、プロジェクト管理と言っても、実際の管理項目はさまざまで、従来はその方法論が確立されていませんでした。そこで登場したのがPMBOKです。従来のプロジェクト管理においてはどのような管理項目が必要なのかは人それぞれぞれの判断によって左右されていましたが、PMBOKによってそれらの目安が明らかになりました。プロジェクト管理を行う際は、一度目を通しておくのがおすすめです。

まとめ

プロジェクト管理の項目は、スコープ管理やコスト管理をはじめ、その種類は多岐に渡ります。こうした多くの管理項目を適切にマネジメントしていくには、プロジェクト管理計画書を作成する際に十分な計画を練り、それに従って継続的に進捗状況などを監視していくことが必要です。

プロジェクト管理を効率的に行うためには、プロジェクト管理ツールをはじめとするITツールを活用することも効果的です。Asanaはチームメンバーのタスク状況などの一元管理やチームのコラボレーションを促進し、プロジェクト管理をさまざまな面からサポートするITソリューションです。プロジェクト管理を成功させるためにぜひ導入をご検討ください。

プロジェクト管理スタートアップガイド

RECENT POST「プロジェクト管理」の最新記事


プロジェクト管理

プロジェクトの進捗管理を成功に導くポイントとは

プロジェクト管理

プロジェクト管理とは?全体的な流れやツールを使った管理方法を身につけよう!

プロジェクト管理

コミュニケーション管理がプロジェクト成功への鍵!目的やプロセスなどスムーズに進めるためのポイントを解説

プロジェクト管理

プロジェクトマネジメントとは?基礎を徹底解説

プロジェクト管理に必要な管理項目とは? 成功に導くためのポイントも紹介
New call-to-action
スプツニ子!✕ワークマネジメントスペシャル対談 第2弾

RECENT POST 最新記事

ブログ無料購読のご案内

RANKING人気記事ランキング

アンケートに答えて書籍をプレゼント!