チームコラボレーションを加速するポイントとは?

 2020.11.30  ワークマネジメント オンライン

ビジネスの環境変化が速くなり、トップダウンよりも個人個人のスキルやナレッジをうまく組み合わせることが、プロジェクトを成功させるうえで重要性を増してきています。その代表的なキーワードが「チームコラボレーション」です。本記事では、チームコラボレーションの重要性や、チームコラボレーションを加速させるためのポイントを解説します。

チームコラボレーションを加速するポイントとは?

チームコラボレーションの重要性

「チームコラボレーション」とは、個人個人が持つそれぞれの知見や経験、スキルなどをうまく組み合わせて相乗効果を生み出し、ビジネス上の成果につなげていくことです。インターネット時代になり、海外も含めた企業間競争が激化する中、変化の速い時代に対応していくには、企業として新しい価値の創出やイノベーションがポイントになります。そのために、チームメンバーの英知を集約して、創造的なビジネスを創り出していくチームコラボレーションの推進が欠かせません。

チームコラボレーションをスムーズに行うには、コミュニケーションツールやシステムなどを活用した情報共有が重要となります。結果としてコミュニケーションコストが低くなり、チームコラボレーションは生産性向上にもつながります。

関連記事:チームコラボレーションとは?ツール活用のメリットやツール例を紹介

チームコラボレーションを加速するポイント

ここでは、チームコラボレーションを加速するうえで重要なポイントについて解説します。

共有

まずは、情報などの共有です。「情報」の具体的な内容としては、目標・目的・ビジョン・アイデアなどがあります。チームコラボレーションでは、各メンバーのナレッジや経験を組み合わせていくことになりますが、単に集めただけでは効果を発揮しません。チームが向かっていくゴールや認識を共有した中で、そのために必要な知見やスキルを出し合うことで、チームコラボレーションが加速するのです。

また、スピーディーに創造的なプロジェクトを進めていくには、アイデア段階で共有し、議論を深めることがポイントになります。リアルタイムでコミュニケーションを取れる環境を整備し、さまざまなアイデアが共有されるようにしましょう。

コミュニケーション

チームコラボレーションを加速させるには、「コミュニケーション」が鍵を握ります。関係者のコミュニケーションが円滑に行えるほど、アイデアなどの共有がスムーズになり、チームコラボレーションのメリットを生みやすくなります。

とはいえ、いきなりチームメンバー間でコミュニケーションをたくさん取るというのも、ハードルが上がってしまいます。コミュニケーションの準備段階として、メンバーのキャラクターやスキル、経歴、バックグラウンドなどを互いに知る機会を設けるとよいでしょう。そうすれば話題が増え、自然とコミュニケーション量も増えます。

また、意見を伝えやすい環境を築くことも重要です。反対意見も含め、建設的な意見交換が可能なよう、どの職位でも遠慮なく発言できるようにしておくと、さまざまなアイデアを拾えます。議論する際も、あくまで意見や考えに関して議論するのであり、相手の人格否定などを避けられれば、健全な議論を活発に行えるでしょう。

ミーティングのやり方を工夫したり、ツールの活用を通じてコミュニケーションコストを下げたりしておくと、活発なコミュニケーションが生まれます。現在は、さまざまなチャットツールなどのコミュニケーションツールがありますが、極力ひとつに集約することで、コミュニケーションチャネルを考える手間を省けるのです。また、ミーティングでは出席者全員の意見を促すなど、多様な考えが可視化されるようにすることもポイントです。

環境

「共有」や「コミュニケーション」をより効果的に行うために必要なのが、適切な「環境」です。企業やチームによって風土や環境は異なりますが、アイデアなどの共有やコミュニケーションがしやすい環境を追求する必要があります。
例えばリモートにおいても、すぐにメンバーのアイデアやプロジェクト進捗などを共有できるような環境・ツールが整備されていれば、スピーディーな意思決定や軌道修正が可能となります。あるいは、メンバーによってITリテラシーの差がある場合、複雑なツールではなく誰でも使いこなせるコミュニケーションツールを活用することで、どのメンバーからでも活発なコミュニケーションが期待できます。

ツール

さらに、「共有」「コミュニケーション」「環境」を支えるのが、ツールの活用です。コミュニケーションの起点としてチャットツールなどを活用することで、リアルタイムで生産的なコミュニケーションが取れます。さらに、アイデアや資料の共有も簡単に行えるため、チームコラボレーションをより加速できるでしょう。

議題やプロジェクトごとにスレッドを分けられたり、Web会議なども一貫して行えたりすると利便性が高く、業務の可視化・効率化にもつながります。

まとめ

モノにあふれ、商品やサービスの機能だけでは顧客を満足させることが難しくなる中、創造的な商品やサービスを提供することが求められています。そのためには、各個人の得意分野をコラボレーションさせる「チームコラボレーション」が鍵を握ります。チームコラボレーションをより加速させたい場合は、ツールの活用が有効でしょう。

プロジェクト管理ツール「Asana」を活用すれば、業務進捗などを一元的に可視化し、チームメンバーのスキルやナレッジも集約できます。業務可視化・アイデア共有などと共に、コミュニケーションを取れるため、チームコラボレーション推進に役立ちます。興味のある方は、ぜひチェックしてみてください。

CTA

RECENT POST「コラボレーション」の最新記事


コラボレーション

コラボレーションツールとは?そのメリットや選び方も紹介

コラボレーション

チームのコラボレーションを効率化するアプリ6選

コラボレーション

チームコラボレーションとは?ツール活用のメリットやツール例を紹介

コラボレーション

チャットツール・コラボレーションツールが生産性を低下させる?その対策を紹介

チームコラボレーションを加速するポイントとは?

RANKING人気資料ランキング

RECENT POST 最新記事

RANKING人気記事ランキング