【マネジャー・管理職必見】ガントチャートツール10選、価格徹底比較!

 2021.05.12  ワークマネジメント オンライン

このサイトではエクセル、スプレッドシートで自作する方法を初心者向けにお伝えしていますが、大企業をはじめIT先進企業、納期を守るために作業をスムーズに進めなければならない中小企業などでガントチャートは、大いに利活用されています。

ガントチャートは縦にプロジェクト上の全作業に関する情報を、横にその期間を棒状で示します。そのため「細かい工程」「誰が担当しているか」や「今どの段階か」など責任の所在や進捗も一目でわかる図表です。

これまでガントチャートと仕事上、縁がなかった方はこれで、劇的に仕事が変わると思いますのでぜひ、取り入れていただきたいところです。

そこで今回、この記事でガントチャートツール10を厳選してご紹介、価格を徹底比較します。まずは比較表を。各ツール詳細は表以下を読み進めていただけますと幸いです。

また、ガントチャートも含まれる仕事管理ツールAsanaはこちらでご確認ください。

https://www.work-management.jp/resource/remote-work-asana-guide

 

【マネジャー・管理職必見】ガントチャートツール10選、価格徹底比較!

ガントチャートツール徹底比較表

サービス名

運営会社(海外は国名併記)

最安価格

無料プランの有無

Clarizen

Clarizen(アメリカ)

6600円

EnkinGT

ENKINLAB

900円 
無料〇

HotBiz8

ASJ

11000円

KOUTEI

アーセス

10000円~

みんなでガント.com

サムテック

1800円

planio

Planio GmbH(ドイツ)

2500円

Project Canvas

ルミックス・インターナショナル

2750円

シェアガント

シェアガント

980円 
無料〇

TreeGrid Gantt chart

XLsoft Corporation(アメリカ)

82500円

Zoho Projects

ゾーホージャパン

600円 
無料〇

ガントチャートツール10選、一挙ご紹介

1.Clarizen

図1-4

https://www.clarizen.com/jp/

Clarizen(クラリゼン、アメリカ)運営のクラウドベース・プロジェクト管理ソフトウェアです。日本にも拠点があり安心して利用できます。また日本システムウエア(東京都)でも取り扱いがあるようです。

マイルストーンなど作業計画を登録すれば、ロードマップやガントビューでプロジェクト全体を確認できます。

料金はエンタープライズ版が6600円、アンリミテッド版が8800円となっています(1ユーザーあたり月額)が、メールアドレスなど必要な情報を入力しサインアップすれば30日間、無料で試用可能です。

また毎週火曜、午前10時(日本時間)の初級コースウェビナーでデモ体験も可能なようです。

2.EnkinGT

図2-2

https://products.enkinlab.com/

ENKINLAB(東京都)が運営するテレワーク支援ソリューションです。ガントチャートのほか、タスク管理、チームステータス、タイムトラッキング、日報、AI自動翻訳機能などが備わっています。登録したタスクはガントチャートで表示、共有されます。

10ユーザーまでなら永久無料のフリーと月額1000円のスターターの2プランが用意されています。ユーザー無制限で使えるのが月額8500円のノーマル、月額15000円のグローバルです。全機能完備のプロフェッショナルはユーザーごとの課金で月額900円です。

メールアドレス、パスワードを入力して申し込めば9日だけ無料で全機能を試せるトライアルが用意されています。

3.HotBiz8

図3-4

https://www.hotbiz.jp/

ASJ(埼玉県)が展開しているクラウドグループウェアです。テレワークにも対応しています。

・ICカードで打刻

・Googleカレンダーと連携

・タスク管理

が可能で、タスク管理画面でガントチャートが表示されます。

料金プランは3種あり、HotBiz8(ユーザー200、ディスク容量200MB)が初期費用11000円、月額11000円。HotBiz8プライベート(ユーザー100、容量300GB)が初期費用11000円、月額33000円。HotBiz8プライベートPro(ユーザー1000、容量1TB)の初期費用が110000円、月額82500円です。また最低契約月数は6カ月です。

60日間全機能を無料で試せますし、体験用サンプルサイトも用意されています。

4.KOUTEI

図4-4

https://kintone-sol.cybozu.co.jp/integrate/arces001.html

アーセス(宮城県)が提供している、タスク管理ツール10選でもお伝えしたサイボウズのkintoneで有効となるガントチャートプラグインです。

必要な情報がガントチャート上にまとまります。マウスで操作(ドラッグ、ドロップ)できるほか、取引先などとのリアルタイムでの共有も可能とのことです。

価格は1ドメインあたり月額10000円ですが、そのほかKintoneの利用料金も必要となります。Kintoneにつきましてはこちらでご紹介しています。

5.みんなでガント.com

図5-4

https://www.minna-de-gantt.com/

サムテック(大阪府)が提供しています。インストールも会員登録も不要と謳っていますが、本当にパスワードと開始年月日の設定だけでスグにガントチャートを作れます。

ただし30日間の無料期間を過ぎると更新ができなくなるとのことで継続して利用する場合はライセンスを購入する必要があります。

トライアルは10人まで利用でき3カ月1800円で1つガントチャートを作成、管理できます。エントリーなら20人まで利用でき6カ月4800円、12カ月8600円で6つのガントチャートを作成、管理できます。

そのほかユーザー管理ができ、メール通知機能も付いたビジネスS・M・Lの3プランがありますので、詳細は公式サイトでご確認ください。 

6.planio

図6-4

https://plan.io/ja/task-management/

Planio GmbH(ドイツ)が提供しているガントチャート自動生成機能も備わったツールで、ロードマップ、マイルストーンでプロジェクトを管理できます。ファーエンドテクノロジー(島根県)が日本での認定パートナーのようです。

価格は、Silver2500円、Gold5000円、Diamond9000円、Platinum19000円でいずれも月額ですが各プラン、プロジェクト数、ユーザー数が異なりますので、公式サイトで確認いただきたいです。

30日の無料試用も可能で名前、メールアドレス、パスワードなどを入力して申し込めます。

7.Project Canvas

図7-4

https://www.rumix.co.jp/pc/

ルミックス・インターナショナル(東京都)が展開しているガントチャート、工程表の作成ができるWindows向けのプロジェクト管理ソフトです。共有モードでグループメンバーと情報共有、同時編集ができます。

価格はライセンスとパッケージがあり、ライセンスは1年4400円、3年12540円。パッケージは3年有効の12540円です。会社ではなく個人で購入する場合は割引があり1年2750円、3年8140円となっています。

8.シェアガント

図8-4

https://sharegantt.com/

サービス同名のシェアガント(東京都)が提供しているガントチャートツールです。

こちらもタスクを登録することで、その内容がガントチャートに表示され、プロジェクト、進捗が見える化します。

料金プランは10プロジェクトまで無料のフリー、プロジェクト数が無制限となる月額980円のプロ、お見積もり対応となるエンタープライズがあります。

・メールアドレス

・Facebookアカウント

・Googleアカウント

のいずれかで登録し、使い始めます。

9.TreeGrid Gantt chart

図9-4

https://www.xlsoft.com/jp/products/treegrid/gantt.html

開発はXLsoft Corporation(アメリカ)ですが、日本法人のエクセルソフトが販売などを行っています。“Excel互換のJavaScriptコンポーネント”(公式サイトによる)で、画像にあるような複雑なガントチャートも作れます。

ここでは最小ライセンスの価格についてのみ、ご紹介します。APIの有無で異なり、APIなしが82500円、API付きが165000円となっています。

その他のライセンス(個人、標準、フル)については公式サイトで、ご確認いただけますと幸いです。

また公式サイト上でオンラインデモを公開しており、ログインなしで操作できます。

10.Zoho Projects

図10-4

https://www.zoho.com/jp/projects/

ゾーホージャパン(神奈川県)が取り扱っているプロジェクト管理ソフトウェアです。母体のZOHOはアメリカの企業です。ガントチャート、タスク、タイムシート機能を備えているうえ、カスタマイズもできます。

最大3ユーザーが使える無料のほか、最大50ユーザーが使え1ユーザーあたり月額600円のプレミアム、ユーザー数制限なし1ユーザーあたり月額1200円のエンタープライズがあります。

使い始めるには、メールアドレス、パスワードで登録するか

・Google

・Linkedin

・Microsoft

アカウントで登録するか、いずれかの方法が選べます。

まとめ

冒頭部でガントチャートは自作できるとお伝えしましたが、ツールを利用したほうがカンタンにビジュアル的に優れたものができあがります。無料プランやトライアルもありますのでぜひ、使い心地などを検証されて、契約等を決めてください。

※上記価格はすべて2021年4月16日に各サイトにアクセスし、表示されていた額を抜粋したものです。現在の価格、税につきましても別途、ご確認いただけますと幸いです。

CTA

RECENT POST「プロジェクト管理」の最新記事


プロジェクト管理

【ビジネスパーソン必見】WBS管理ツール10選、価格徹底比較!

プロジェクト管理

【ビジネスパーソン必見】プロジェクト管理ツール10選、価格徹底比較!

プロジェクト管理

【ビジネスパーソン必見】タスク管理ツール10選、価格徹底比較!

プロジェクト管理

【ビジネスパーソン必見】進捗管理ツール10選、価格徹底比較!

【マネジャー・管理職必見】ガントチャートツール10選、価格徹底比較!

RANKING人気資料ランキング

RECENT POST 最新記事

RANKING人気記事ランキング